理事長の四季の花めぐり(105)〜ウメ(梅) スイセン(水仙) ボケ(木瓜)

  • 2020.02.17 Monday
  • 09:19

  

第四地域包括支援センターの介護予防教室の終了式後、参加された方々にお礼状の葉書を出しています。今回は葉書の前書きに「立春も過ぎ・・・白梅が清楚に咲きはじめ、庭の隅では水仙が可憐な花をつけております」と書きました。
元号「令和」は万葉集の梅花歌三十二首の序の「初春の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和(やはら)ぐ」より引用されました。九州の太宰府にて大伴旅人(おおとものたびと)を中心に行われた歌会の席での作です。
平安時代の賢人で政治家、学者、漢詩人、貴族の菅原道真(すがわらのみちざね)が政争に敗れ太宰府に左遷され、都を偲んで詠った有名な歌
東風吹かば 匂ひおこせよ 梅の花
   主(あるじ)なしとて 春を忘るな (拾遺和歌集)
菅原道真の怨霊により都ではいろいろな大災が起こり、恐れた都人が天満宮を造り、今では学問の神さまとなりました。「天神さん」とも呼ばれ愛宕町にあり、梅の木もあり大きな牛の像もあり、子供の頃の大切な?遊び場でした。
自宅の老海木に今年も花がつきました。
 

    

  

スイセン(水仙)
学名はナルシサス( Narcissus ) ギリシャ神話で美少年ナルキッソスが池の水面に映る自分自身の姿に恋をして、恋焦がれて死んでしまい水仙となったという話。このことより自己愛者をナルシストnarcistといいます。
そのためか水仙の花は首を垂れたように下を向いており、腰痛がある私には花の正面からは写真の撮りにくい花です。 
黄色の水仙はクリニックの周りに咲いていました。

 

  

ボケの花(木瓜)
今年はボケの花が綺麗に咲きました。
ボケの実は瓜や花梨の実を小さくしたようで「木瓜」と書きます。
惚ける、呆けるとは関係ないとのことですが、気の毒な名前です。
寒くて花の咲かない時期に咲くので呆けた花という説もありますが真偽の程は不明です。
 

  

おまけ。家の屋根の上に大きな鳥がジーッとしており、コンパクトカメラの望遠で撮りました。ピンボケです。
図鑑などで調べましたら、アオサギの幼鳥みたいです。成鳥はスマートで首も足も細長く、首は白くなります。成鳥になって、またこの街中に戻ってきて欲しい。
この幼鳥を見たとき、一瞬ユーモラスな大鳥のハシビロコウと思いました。
ハシビロコウは日本では動物園以外にはいないとのこと。

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

選択中の記事

カテゴリー

アーカイブ

理事長の四季の花だより

profilephoto

お花が大好きな堀江理事長が、四季の移り変わりのなかで、ふと目にとまったお花や風景などを取り上げ、日常生活で感じたことなども交えてお伝えいたします。

プロフィール

関連リンク

このブログを検索

その他

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM