理事長の四季の花めぐり(34)

  • 2018.08.03 Friday
  • 10:38

   

シラユリ(白百合)

1961年 上京した時、歌声喫茶が流行っていた。
新宿の灯(ともしび)、カチューシャでロシア民謡をよく歌った。日本の歌「北上夜曲」もよく歌った。
  匂い優しい白百合の
  濡れているよな あの瞳
  想い出すのは 想い出すのは
  北上河原の月の夜
白百合との名は花図鑑にはありませんでした。
白百合の花言葉は 純潔 無垢 など。
 

ミソハギ ( 禊萩 )

花壇にて突然成長し、たくさん花を咲かせています。昨年も咲いたこと忘れていました。

コメント
コメントする








    

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

選択中の記事

カテゴリー

アーカイブ

理事長の四季の花だより

profilephoto

お花が大好きな堀江理事長が、四季の移り変わりのなかで、ふと目にとまったお花や風景などを取り上げ、日常生活で感じたことなども交えてお伝えいたします。

プロフィール

関連リンク

このブログを検索

その他

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM