理事長の四季の花めぐり(39)

  • 2018.08.26 Sunday
  • 09:06

  

 

ゼフィランサス ( Zephyranthes )

ヒガンバナ科タマスダレ属の植物の総称で、ピンクの花はサフランモドキ、白い花はタマスダレとも言われます。
ギリシャ語のZephyros (西風)とanthos(花)からの名前です。
イタリアのルネッサンス期の画家ボッチィチェリの描いた「 ヴーナスの誕生 」の左上で強く息を吹いているのが西風の神 Zephyros(ゼフィロス)です。
雨が降って球根が潤うと花茎を伸ばして開花する性質があるため レインリリー とも呼ばれます。

コメント
コメントする








    

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

選択中の記事

カテゴリー

アーカイブ

理事長の四季の花だより

profilephoto

お花が大好きな堀江理事長が、四季の移り変わりのなかで、ふと目にとまったお花や風景などを取り上げ、日常生活で感じたことなども交えてお伝えいたします。

プロフィール

関連リンク

このブログを検索

その他

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM