理事長の四季の花めぐり(42)

  • 2018.09.06 Thursday
  • 15:43

タマスダレ ( 玉簾 ) Zephyranthes candida

理事長の四季の花めぐり(39) にてピンクのゼフィランサス(Zephyranthes)を載せましたが、今回は白いゼフィランサスで、タマスダレと言われております。
雨が降ったりして球根が潤うと、庭の隅などで一斉に顔を出して開花し、夕方には閉じてしまいます。地味で清楚な花ですが、群生して咲いていると見事です。雨後に咲くことからレインリリー ( rain lily )とも言われております。
この花名を「夏水仙」と思っていましたが、間違いでした。
花言葉は「 潔白な愛 」
 十日目の旅の便りは庭さきの
 タマスダレ咲くところで読みぬ    鳥海昭子

コメント
コメントする








    

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

選択中の記事

カテゴリー

アーカイブ

理事長の四季の花だより

profilephoto

お花が大好きな堀江理事長が、四季の移り変わりのなかで、ふと目にとまったお花や風景などを取り上げ、日常生活で感じたことなども交えてお伝えいたします。

プロフィール

関連リンク

このブログを検索

その他

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM