理事長の四季の花めぐり(56)〜サザンカ

  • 2018.11.15 Thursday
  • 17:31

サザンカ ( 山茶花 )

 

山茶花は白い花から咲き始めました。
正月が近づくと赤い花が一斉に咲き始めます。
ピンクの花も咲き始めました。
   さざんかの宿という歌謡曲がありました。
       くもりガラスを 手で拭いて
       あなた明日が みえますか
       愛しても愛しても あゝ他人(ひと)の妻
       赤く咲いても 冬の花
       咲いてさびしい さざんかの宿

食料の少ない厳寒期にめじろが花の蜜をもとめて山茶花の垣根の中を飛び回る姿は可愛いものです。

 

ツワブキ( 石蕗 )

庭の日陰に咲く常緑多年草です。
石蕗の花 ( つわのはな )は俳句で冬の季語です。
タンポポの様な綿毛の種や根茎でたくましく増え、甘やかすと、いつの間にか、庭中に増えますので要注意です。
   つはぶきはだんまりの花嫌ひな花 三橋鷹女

 

姫リンゴ

ようやく姫リンゴが熟してきました。
カラスなどの鳥の攻撃もありませんでした。
かじってみましたが、苦くて美味しいとは思えず、少しガッカリ😞。  何か良い食べ方がありませんか?
でも観賞用とすれば、とても可愛いです。
 

コメント
コメントする








    

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

選択中の記事

カテゴリー

アーカイブ

理事長の四季の花だより

profilephoto

お花が大好きな堀江理事長が、四季の移り変わりのなかで、ふと目にとまったお花や風景などを取り上げ、日常生活で感じたことなども交えてお伝えいたします。

プロフィール

関連リンク

このブログを検索

その他

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM