理事長の四季の花めぐり(40)

  • 2018.08.26 Sunday
  • 09:10

   

 

ムラサキシキブ ( 紫式部 )

シソ科の落葉低木。左は6月12日に撮った開花の写真です。右は今の実の状態です。10〜11月になるともっと濃紫となり実もたわわになります。
ムラサキシキミ (紫重実) と言われていましたが、紫式部の名を連想され、このことからムラサキシキブと呼ばれております。シキミは実がたくさんなるという意味とのこと。
紫は古来より高貴な色で、冠位十二階では濃紫が一番偉いとされております。
落葉後も枝に残るので、とても目立ちます。
花言葉は上品、聡明。源氏物語の紫の上は光源氏が最も愛した女性ですね。

理事長の四季の花めぐり(39)

  • 2018.08.26 Sunday
  • 09:06

  

 

ゼフィランサス ( Zephyranthes )

ヒガンバナ科タマスダレ属の植物の総称で、ピンクの花はサフランモドキ、白い花はタマスダレとも言われます。
ギリシャ語のZephyros (西風)とanthos(花)からの名前です。
イタリアのルネッサンス期の画家ボッチィチェリの描いた「 ヴーナスの誕生 」の左上で強く息を吹いているのが西風の神 Zephyros(ゼフィロス)です。
雨が降って球根が潤うと花茎を伸ばして開花する性質があるため レインリリー とも呼ばれます。

理事長の四季の花めぐり(38)

  • 2018.08.13 Monday
  • 13:40

  

 

ナツスイセン ( 夏水仙 )
柿の木の陰に急に茎が伸び、ピンクの花が咲きました。
リコリス スクアミゲラ ( Lycoris squamigera )
ヒガンバナ科ヒガンバナ属。リコリンを含む有毒植物です。
葉は花が終わってから出てきます。ヒガンバナ科の特徴です。
 

 

ヤブミョウガ ( 藪茗荷 )
ツユクサ科に分類される多年生植物です。
毎年咲き、マイズルソウと思っていましたが、葉の形が違っていました。
 

  

 

フヨウ ( 芙蓉 )
理事長の四季の花だより( 33 )に掲載しましたムクゲ( 木槿 )とよく似ております。
アオイ科フヨウ属であり、ハイビスカスも仲間です。
木槿との見分け方は、葉の形であり、芙蓉の葉は花と同じ大きさであり、薄い緑色です。
右の白い八重の花は、スイフヨウ ( 酔芙蓉 ) です。朝昼夕と時間の経過ととともに白桃紅と色が変化するので酔芙蓉と言われています。
私の庭の酔芙蓉は日当たりの悪い所にあるため、色変化が少ないです。

理事長の四季の花めぐり(37)

  • 2018.08.08 Wednesday
  • 11:13

  

ナシ ( 梨 )

左の写真のように四月には白い梨の花が満開に咲き、豊作を期待しましたが、一個しか実を結びませんでした。その虎の子の一個が、七月二十八日の台風で落ちてしまいました(;_;)。右の写真の小さい方の梨の実です🍐。

理事長の四季の花めぐり(36)

  • 2018.08.07 Tuesday
  • 10:51

スイカ(西瓜)

 

右手首の骨折で右前腕を固定され、意気消沈していましたが、大好物の立派なスイカをいただき、大満足しております。

理事長の四季の花めぐり(35)

  • 2018.08.03 Friday
  • 10:45

   

サルスベリ ( 百日紅 )

ミニサルスベリとのことで二年前に買ってきましたが、立派な木に成長しました。もうミニと言えません。

 

ノボタン ( 野牡丹 )

嘉祥苑の駐車場の玄関の近くに、こっそりと目立たないように咲いていました。

理事長の四季の花めぐり(34)

  • 2018.08.03 Friday
  • 10:38

   

シラユリ(白百合)

1961年 上京した時、歌声喫茶が流行っていた。
新宿の灯(ともしび)、カチューシャでロシア民謡をよく歌った。日本の歌「北上夜曲」もよく歌った。
  匂い優しい白百合の
  濡れているよな あの瞳
  想い出すのは 想い出すのは
  北上河原の月の夜
白百合との名は花図鑑にはありませんでした。
白百合の花言葉は 純潔 無垢 など。
 

ミソハギ ( 禊萩 )

花壇にて突然成長し、たくさん花を咲かせています。昨年も咲いたこと忘れていました。

理事長の四季の花めぐり(33)

  • 2018.07.13 Friday
  • 13:18

 

ムクゲ ( 木槿 )

 

青空の中での散歩。 塀を越えて庭内の木槿の花が顔をだし、散歩を楽しませてくれます。蝉も鳴き始めました。

 

ムラサキカタバミ

畑の草取りで、かわいいムラサキカタバミも雑草として抜きました。
「雑草という草はない。どんな草にも必ず名前がある」 という昭和天皇のお言葉を思い出しました。
 

 

コンボルブルス トリカラー

フランス人からいただいた野草です。フランスの昼顔とのことでした。
知恵袋で名前を知りました。コンボルブルス トリカラーとのこと。
日本では三色昼顔と言われているそうです。十円玉ほどの可憐な花が咲いています。

 

 

理事長の四季の花めぐり(32)

  • 2018.07.13 Friday
  • 13:10

 

ヒマワリ ( 向日葵 )
 
クリニックの玄関先の向日葵が咲きました。
熊本復興支援 益城町のヒマワリの種からの花です。熊本の皆様のさらなる復興を心よりお祈りいたします。

理事長の四季の花めぐり(31)

  • 2018.07.06 Friday
  • 08:38

  

 

ボタンクサギ ( 牡丹臭木 )

嘉祥苑の裏の駐車場の溝にさいた牡丹臭木です。紫陽花に似ています。低木の落葉樹です。
可哀そうな名前です。臭いがするとのことで嗅いでみましたがよくわかりません。臭覚もそろそろ老化したかもしれません。

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

選択中の記事

カテゴリー

アーカイブ

理事長の四季の花だより

profilephoto

お花が大好きな堀江理事長が、四季の移り変わりのなかで、ふと目にとまったお花や風景などを取り上げ、日常生活で感じたことなども交えてお伝えいたします。

プロフィール

関連リンク

このブログを検索

その他

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM